本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商標)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

自閉症スペクトラム障害ASD

自閉症スペクトラムとは

当サイトで説明しているアスペルガー症候群は大きく「自閉症」という範疇に含まれています。

同じ範疇にある仲間が、高機能自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害…いろいろな病気の名前がありますがみな「自閉症」の仲間です。

ところが、それぞれ少しずつ症状が違っています。小さい頃言葉の遅れがあったかどうかというのはとても微妙な問題ですが、それを問診だけで病名をつけているのですから、精神科医さんはたいへんです。

そんな面倒なことを回避しようとして議論されたのがASD(自閉症スペクトラム障害)です。

ASD(自閉症スペクトラム障害:autism spectrum disorder)は人の気持ちを察したり、自分の気持ちを言葉
で表現するのが苦手な障害です。上記のように自閉症や広汎性発達障害・アスペルガー症候群など「社会性や
コミュニケーション」に関連する障害の総称です。

 自閉症スペクトラム障害 大阪  自閉症スペクトラム障害 大阪  自閉症スペクトラム障害 大阪

自閉症の特徴としてまず挙げられるのは「社会性・コミュニケーション能力・想像力」の三つの領域にわたって障害(苦手なところ)があるということです。

★社会性の障害

場の雰囲気が読めいないこと、暗黙の了解を理解できないことなどがあります。結果として場にそぐわない発言をしてしまったりというようなことが起こるようです。

★コミュニケーションの障害

言語・非言語のコミュニケーションがとりにくい、コミュニケーションが一方的で相互的になりにくいという障害です。3人以上の集団での会話が苦手なこともよくあります。

★イマジネーションの障害

未来や人の気持ちに関してあれこれ想像する力、事柄に関して思いを巡らす力の障害。一定のマニュアル化された仕事は、かえって素早くできる場合が多いようです。

どこからどこまでがアスペルガーでそれ以外は広汎性発達障害なのかという垣根が分からないので
「ええい面倒だ。一緒にしてしまおう!」と(笑)考えたのかどうかは分かりませんが、それらの垣根を取っ払
って、分かりやすくしたものです。

ただし、今度は「健常」と「障害」の区別が大変になってくるという問題が発生しますが・・・。

「自閉症スペクトラム」の概念は、1990年代に主に自閉症やアスペルガー症候群の研究者たちによって提案
されました。

高機能自閉症とアスペルガー症候群に違いがあるのかどうかあるいは知能指数の高低をどのように捉えるべきか
などの命題について体系化・均質化を目指したものともいわれています。厳密には(いわゆる従来型)自閉性・
高機能自閉症・アスペルガー症候群・レット症候群・小児崩壊性障害・特定不能の広汎性発達障害のことを
さしています。






カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪市
 中央区本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


カウンセラーについて

初回ご来室マニュアル

認知行動療法

サイトマップ

地域情報

山手スタイル

派生症状

ご卒業者様へ

こころの相談室