QLOOKアクセス解析
本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

アスペルガー症候群とはASPErGER HEADLINE

アスペルガー症候群の特徴

 アスペルガー症候群は自閉症スペクトラム障害(ASD)に含まれる症状の一つです。アスペルガーなど発達
障害の主な原因は、生まれつきの脳機能のゆがみ(偏り)によって能力のバランスが変化し、発達の度合いに
差が出てくることにあります。

     


 アスペルガーには大きく分けて以下3点の特徴(弱いところ)があります。


1.会話力(コミュニケーション)

 言葉を文字通りに(理性的に)理解します。たとえば、「また今度」という場合ですが、これは様々な意図が含ま
 れている言葉ですね。

 「2度と会わない」「電話します」「いつかは分からないけど」などです。ところが、アスペルガー症候群の方は、
 文字通り「今度=次回」と考え、では今度とはいつなのだろうと何度も尋ねたりするので、相手にとっては気持ち
 悪く感じたり、対応に苦慮することがあります。

 また、人の話をうまく聞くことができません。知らない外国語(中国語やフランス語など)を聞くといえば分かり
 やすいでしょう。また逆に、素直で、思ったとおりのことを言葉にします。良く言えば天真爛漫ということなので
 すが、アスペルガーに対する知識や理解のない方にとっては、「非常識だ」と映ることが多いです。


2.社交性(ソーシャルスキル)

 コミュニケーションに弱点があるため、子供の頃には「少し変わったヤツ」というとらえ方ができても、成長する
 と協調性や共感力のなさから疎まれる場合が出てきます。

 特に社会人になるとチーム内での意見の一致が求められますから、自分の意見ばかり自由に話していては、周囲とし
 ては対応に困る場面が見られます。

 「どこからどこまでが”失礼のない範囲”か教えてください」といわれても、明示できるわけではありません。したが
 って、社交性やマナーなどがなかなか身につかず、年齢とともに孤立する傾向があるのです。

 また、仲間になれない・仲間はずれという意識からうつなどの二次障害を併発する方もおられます。


3.想像力(イマジネーション)

 いろいろなことを想像しにくいということですが、一定のマニュアル化された仕事は、かえって素早くできる場合が
 あります。特に、興味のあることには集中力を切らさずに対応できるため、素晴らしい成果が得られることも多いです。

 ただし、決まったことは崩さない、臨機応変な対応ができないなどの弱点を抱えるため、複数の作業には適応できに
 くい面が多いようです。


  
                        



カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪
 地下鉄本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


担当カウンセラー

初回ご来室マニュアル

認知行動療法

サイトマップ

ご卒業者様へ

こころの相談室