本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商標)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

海外在住のお客様ABROAD

アメリカ・イギリス・フランス・中国等在住の邦人様へ

このページは海外(外国)在住の方・海外駐在員のご家族の方などへの発信です。

 海外 カウンセリング  アメリカ カナダ  ヨーロッパ カウンセリング

日本人は一般的に英語が苦手です。海外在住歴が10年にもなるのに、まだ「英語上達法」を探している
方も多いようですね。これは、まず第一に日本語と英語などの表現法が全く違うことが一因です。

その証拠として、海外駐在員などのご子弟が帰国子女となった場合に、日本語も使っていたはずなのにう
まくしゃべれないという現実があります。

ワーキングホリデーなどがきっかけで、オーストラリアなどに行かれた方も多いのですが、日本語が苦
手な方ほど現地の言葉の方が理解しやすいという方はが多い傾向にあります。

アダルトチルドレンや発達障害の方のように「感情表現」が苦手な場合は、言葉の構成が簡易な外国語の
方が感情をストレートかつおおざっぱ(特にアメリカ英語と中国語など)ですから、表現しやすいというこ
ともあります。

海外在住の方も、当然ですが日本の方と同じように悩み、苦しむことがあります。特に遠い外国で親・親
友・親戚など悩みを打ち明けることができる対象が少ない場合はなおさらです。


そのような方のために

山手心理相談室では、海外在住の方が日本に里帰りされるお正月・お盆時期も営業しています。事前ご
予約いただいた方のみの営業となりますので、ご予定が決まっている方はお早目の連絡をお願いいたしま
す。

時間がとりにくいといわれる方のために、電話相談も随時お受けしています。時間帯が合えば深夜でも
かまいませんので、現地時間を考慮の上お申し込みください。(料金のお支払は事前振込みのみとなりま
す。またスカイプなど無料通話は音質や接続の関係で対応していません。何卒ご了解をお願いします)



また英語・中国語等でのカウンセリング依頼もありますが、表現できませんので対応していません。

(国内在住の日本語検定1級以上の方の日本語でのカウンセリングは数名お越しいただいています)


過去実績:アメリカ・ロシア・ドイツ・台湾・中国・ベトナム・韓国・イスラエル ・イギリス

山手心理相談室ミュゼ

shop info.店舗情報

山手心理相談室


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

〒541-0057
大阪市中央区北久宝寺町1-5-6-312

TEL.06-6180-6280

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪市
 中央区堺筋本町駅徒歩3分)

メール相談

電話カウンセリング

サイトマップ

海外在住者様

心の相談室

山手スタイル