本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

自閉症autism

成人(大人)の自閉症


子供の自閉症がそのまま成人期まで続いた場合、どのような現象が発生するのでしょうか。子供期の場合は
以下のような症状があります。知的障害を伴う場合がありますが、本頁では、知能に遅れのないもの(いわゆ
る高機能自閉症)について説明させていただきます。


     
症状の特徴

  • 言葉の発達に遅れがある。
  • 身振り手振りなど、言葉以外のコミュニケーションが困難。
  • 物・人・数字・行動などに強いこだわりがある。

アスペルガー症候群と比較していただけばお分かりいただけると思いますが、「言葉の発達」そのものにも
問題が発生しています。本来ならカウンセリングは言葉のやり取りですから対応は難しいのですが、知能が
標準以上に高い場合など対処可能なケースもまれに発生します。

また、自分の行為に関しては相当強いこだわり(認知のゆがみ)があるため、改善意欲はあったとしても、
実際に認知を変えれば生きやすくなるのは理解していた場合でも、改善には相当な困難が伴います。

成人期においても、言葉を自在に操ることができないために独り言やパニック行動などが発生しています。
独り言などは自閉症の大きな特徴のひとつです。なにかを相手がいないのにずーっとしゃべっているので、
聞いているとマンガのセリフをそのまま再現していたり、家族が話したことをそのまま話していたりします。

家の中だと、相手に対して言い返せないので自室にこもって声(奇声)を発する場合なども見られます。

電車などで大声で独り言を言っている方にはさまざまな原因が考えられますが、自閉症もその一つに該当し
ます。パニックをおこして壁などに頭をガンガンぶつけたり、ナイフなどでソファを切ったり、自傷行為を
する場合もあります。


自閉症とアスペルガーやその他の症状の見極めは難しいので、まず脳神経系の医療施設をお訪ねになればと思
います。
カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪市
 中央区本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


カウンセラーについて

初回ご来室マニュアル

認知行動療法

サイトマップ

派生症状

ご卒業者様へ

こころの相談室

地域情報

山手スタイル