本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商標)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

新型うつNEWtYpE HEADLINE

新型うつ(病)とは

一般的にうつ(病)の原因には、本人の考え方などの内的要因と、勤務先環境や人間関係などの外的要因
があり、そのどちらか(または両方)が限度を超えると発生することが多いです。

従来型のうつ(病・以下単にうつと記載)は、責任感の強い方(いわゆるタイプA)に多く、いつも深いう
っそうとした気分が湧いてきますが、新型うつの場合は、本人にとって都合の悪いことに対面すると気分が
沈み込んだ状態が続くものの、よいことや楽しい出来事(海外旅行など)があると、それまでの不調がウソ
のように元気になるという傾向があります。

     



しかし良い状態は決して長続きせず、またガクンと暗い気分に戻ります。こうした気分の浮き沈みが場面に
よって繰り返されるのが新型うつの特徴だといえるでしょう。実際に食欲旺盛でよく眠れるという方も多い
です。

そうなると、周囲からすれば「サボっている」「性格悪い」というように評価されてしまうことも多いです。
実際にはうつであるにもかかわらず、このような状況を上司などが「あいつはうつだと言っているが、よく
見ると元気なときのほうが多いようだし、本当は仮病じゃないか」といった誤解を招き、新型うつに対する
偏見に結びついていくのでしょう。

また、人によっては重症化しやすいのも特徴といえます。よく言われているように「身体が鉛のように重く
なる」(鉛様麻痺)という症状については、それほど多くはありませんが、身体が泥のように疲れてしまう
という状態は放置することができません。通常のうつよりも早期発見と対応が重要になってきます。

当相談室では、新型(非定型)うつについて研究を重ね、改善にも実績を上げています。詳しくは当相談室
編集の<アスペルガー・新型うつの真実とカウンセリングの受け方>をご参照ください。





カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪市
 中央区本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


カウンセラーについて

初回ご来室マニュアル

認知行動療法

サイトマップ

派生症状

ご卒業者様へ

こころの相談室

地域情報

山手スタイル