本文へスキップ

山手心理相談室(登録商標・大阪)でスキルトレーニング

○sst アダルトチルドレンと軽度発達障害○山手心理相談室

 発達障害・アダルトチルドレンの改善・スキルトレーニング


「コミュニケーションが苦手」には一人ひとり違う原因があります。山手心理相談室では、コミュニケーション改善を中心としたさまざまな手法をご用意しています。楽しい明日を目指して一緒に改善に取り組みませんか。もちろん主役はあなたです。


発達障害やアダルトチルドレンはカウンセリングだけでは本当の意味では改善できません


現在のカウンセリングシステムでは、効果があるのは「気付き」までというケースが大半だといっても良いような状態だと思います。

その後、何とか改善したいとコミュニケーション教室などに通った場合でも、何かしら”ついていけない”感じがあります。それもそのはず、一般的なケンカや親子関係だけならカウンセリングで十分効果が出ると思いますが、実際には発達障害(アスペルガー症候群・ADHDなど)やアダルトチルドレンによって「傷ついた」能力をそのままの状態にしておくために、同じ理由で社会に適応できずうつ状態に逆戻りするケースが多いからです。

スキルトレーニングとカウンセリングの主な相違点は、@通常長くて10回程度のカウンセリングと比べて長い時間を要します。通常最短でも1年程度は必要です。今までの人生で、言い方はよくないですが「手を付けてこなかった苦手項目」を改善するのですから、そう簡単にはできません。Aカウンセリングと違って、「寄り添い」はあまりできません。過去の辛かったこと、または今辛いことをお話になりたい場合には、まずカウンセリングでの対応をお勧めします。
   
          スキルトレーニングで可能なこと
  大阪

         @仕事上の説明能力向上

特に仕事上で求められる「説明能力」の向上を目指します。

経験のある方もたくさんおられると思いますが、自分ではきちんと説明しているつもりなのに相手は怪訝そうな表情をしているというケースです。この場合は、説明の順番が大幅に違っていたり、違う要素をごちゃまぜにして話していることが多いです。

必要とされていることを・必要とされている順番で話すことができるように、まず文書で書くことができるよう練習していきます。もちろん、日常生活でのコミュ力向上も同時に図ります。

 SST  アダルトチルドレン

          A友人・家族との雑談を理解する

@の仕事での説明能力とまったく違っているのが「雑談」です。こちらは、どうでもよいこと・答えが出ないことを延々と話すことも珍しくありません。また他人の悪口もエンドレスで話し続けることもあって、コミュニケーション能力が高くない方にとっては「聞きたくない音」が続きます。

実は、雑談を「理解する」ことは可能ですが、自分から話すことは困難なのです。ミュゼ山手心理相談室では、雑談を理解し、いくつかのパターンを覚えていくことで会話についていくことが大切だと考えています。雑談時に回避すべきことは、まったく興味がない様子をすることです。会話にいくらかは対応できるように練習をしていきます。


SST  発達障害 

               B論理的思考能力向上

論理的な思考とはどういうことでしょうか。 論理的思考(ロジカルシンキング)とは 「論理的な」「筋の通った」考え方をするという意味です。 相手が話した言葉や、身で見た文章などを体系的に整理し、矛盾や飛躍のない筋道を立てる思考法です。 とくに日常生活問題の解決策を考える場面で力を発揮します。

とはいうものの、この能力はいわゆる「勉強」が得意あるいは好きな方は伸ばすことができますが、そうでない場合は拒絶反応を起こす方もあります。また、上記Aのケースでは、論理的に考えないほうがうまくいきますので、万能ということではありません。



SST  仕事 

ミュゼ山手心理相談室では、基本としてBを導入していますが、クライエントさんのタイプ・能力により個別に対応していきます。

また、コーチングとは違って、「自分を知る」作業も大切な要素になります。これは一般的なカウンセリングの作業でもあります。自分がなぜうまく話せないのかを知り、苦手な部分を獲得していく作業ですから、この部分を辛く感じる方も多いです。

上記のほかにも、ケーススタディや会話基礎能力の向上なども取り入れています。あまり難しく考えず、気軽にお越しください。



        スキルトレーニングが難しいケース


一般のカウンセリングも同じですが、高次脳機能障害など脳に機能的な(画像診断できる)症状がある場合や、サイコパス(自分ができないと感じる能力が欠如)や境界性パーソナリティ障害(バカにされたと感じてしまう)の方には対応できません。

また、せっかくトレーニングを開始しても、2週間に1回以上お越しいただけない場合や、練習すること自体が辛すぎる時には、上記のようにカウンセリングコースへの変更等をお願いすることがございますので、ご理解いただきたいと思います。


カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪
 地下鉄本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


担当カウンセラー

初回ご来室マニュアル

web・メール・電話相談

初回面談について


認知行動療法

サイトマップ

ご卒業者様へ

こころの相談室

依存症の改善

メンタルヘルス

アダルトチルドレン