本文へスキップ

アダルトチルドレン・アスペルガー・新型うつのことなら大阪市中央区・山手心理相談室(登録商標)へ。

グリーフケアHEADLINE

身近な人を亡くしたとき

グリーフケアとは、愛しい人と死別した家族(=遺族)がそ
の悲しみを受容し、乗り越え、立ち直り、再び日常生活に
適応していくことを見守ってゆく(ケアする)ことを指します。

   
グリーフケアは、もともとヨーロッパやアメリカの病院で死
亡した患者に対して実施されてきたものです。

わが国においては、国民性の相違もあって広まっていると
はいえませんし、方法を理解している方は少ないといえるで
しょう。


アメリカ・イギリス・オーストラリア等では、患者が亡くなっ
た後もその方のパートナーなど遺族が定期的にその病院
を訪れ、現在の状態を確認してもらってアドバイスを受ける
という対応を行っています。

グリーフケアの場合、残された方の悲しみに大きな差があ
り、一時的に境界性パーソナリティ障害の方のような行動
をとることもあります。