本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商標)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

ADHDの改善ADHD

成人(大人)の注意欠陥多動性障害(ADHD)


多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害の一つと言われていますが、DSM-IV-TRでは行動障害
に分類されています。社会的ルールが増加する小学校入学前後に発見される場合が多いです。

子供時代のADHDの特徴としては、集中困難・過活動・不注意などの症状が通常小学校入学までに確認されますが、
不注意優勢型(ADD)の場合、幼少期には単に「おとなしい子・扱いやすい子」として気付かない場合もあります。

かつては子供だけの症状であり、成人になるにしたがって改善されると考えられていたのですが、実際には大人に
なっても残る方が多くなっています。(睡眠との関係に影響されるという研究もあるようです)

 ADHD 神戸市  ADHD 大阪市  ADHD 京都市


成人の場合は多動がそのまま残る(貧乏ゆすり・せわしない動作)場合もありますが、表面上は何もないように
見える場合に感情的な衝動性(言動に安定性がない、論理よりも感情が先行しがち、論理が飛躍した短絡的な結論
に至りやすい)や注意力欠如(シャツをズボンから出し忘れる、服を前後逆に着る)といったミスが日常生活で頻
発するようになります。

★一般的な成人の症状

1.不注意

ものを紛失することが多い・毎日の行動がめんどうになるなど、周囲に対する注意力が低下します。

2.多動性

じっとしていることが苦手で、大人であっても貧乏ゆすりをしたり、相手が話をしているのにティッシュを破い
たりすることがあります。

3.衝動性

映画を見るために並んでいる列から飛び出して割り込もうとしたりします。


山手心理相談室(本町相談ルーム)では、カウンセリングとSSTを併用して、こころと仕事(生活)の双方から
強化を図っています。

ただ、改善度合いについては、一般のアダルトチルドレンに比べて持続力がない・カッとしやすいという特徴も
あって、時間のかかったり、途中でリタイアしたりするケースも多いです。気長に改善を図ることで、少しずつ
ですが生活が楽になってきますので、あまり追いつめられてからのトレーニングは難しいことがあります。また、
洗濯が苦手な場合は高性能洗濯機を利用するなど、メンタル面と社会性向上の両面から改善を進めています。

お客様ひとりひとりと同じ目線で、一緒に苦労・努力していきましょう。


ADHDの症状がある程度以上になると、服薬を中心とし、カウンセリングやメンタルトレーニングと並行して
対応します。2009年4月には「ストラテラ」が認可され、2012年8月に成人期のAD/HDへの適応追加の承認を
取得しています。これによって改善可能になった方も多くおられます。

また、2013年12月には「コンサータ」の成人(18歳以上)への投与が再び認められました。これにより
効果の違う薬のうち、効くと思われる方を選択できるようになったわけです。

→コンサータの詳細を見る

→ストラテラの詳細を見る

アスペルガー症候群の実情・夫婦問題とアスペルガー・新型うつの実情などについて詳しく知りたいとお考えの
方は当相談室発行のこちらの情報をご覧ください。

○ADHD・発達障害の補足

自分はADHDだと思っている方はかなり多いようです。しかし、ADHD(注意欠陥・多動性障害)にはは
っきりとした定義がなく(論争中)、医師によって診断はバラバラという状態です。アンケートで、ある項目
に○をつけるだけでADHDだと診断する医療機関もあるのが実情です。

アスペルガーとADHDの境界も実際には明確でなく、特にお子さんの発達で苦しんでおられる方は多いと思
われます。ADHDの診断が下された場合でも、症状の改善はまだ手探りなのが現実。


一方、最近では「発達障害」という言葉も多く使われています。発達障害は、一般的に乳児期から幼児期にか
けて様々な原因が影響し、生育遅れや質的なゆがみ、機能獲得の困難さが生じる心と身体の障害をいいます。

学術的には知的障害を含むのですが、マスコミなどでは知的障害を伴わない軽度発達障害だけを指す場合が
多くなっています。発達障害中でもよく使われるのが「広汎性発達障害」ですが、このうち知的障害がない
(もしくは軽い)ものは高機能広汎性発達障害(高機能自閉症)と呼ばれ、発達障害に分類されていますが、
自閉症と広汎性発達障害は別々の障害ではなく一連の発達障害を含む障害の総称といえます。

カウンセリングの現場においては、「障害」という文字にとらわれ対応しないカウンセラーが多いのですが、
山手心理相談室には、大人になってこれらの「障害」に苦しんでいる方がたくさんお見えです。

カウンセラーとして、あるいは社会人としてこれらの症状に接してきた立場からいえば、高機能タイプの場合
は十分改善が可能だということです。現に欧米においてはこれらは単なる「不調」、つまり、ちょっと調子が
悪いという捉え方をしています。

成人してからのADHD・発達障害の改善をグループワークで行っているところもありますが、当相談室では
マンツーマンで行います。ある程度改善され、自信がつけばグループへの参加も容易です。

ADHDなどの診断がついても、状態はまさに千差万別。病気とはいい切れないものを一気に改善することはで
きませんが、そのような状態に苦しんでおられる方はぜひ山手心理をお訪ねください。一緒に悩んで、より良
い方向を見出していきましょう。



 対応エリア

 
全国各地から相談のメールや電話が寄せられています。対応にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

(メール相談は具体的な回答を行う場合1回 1,000円になります)

 面談・出張相談(プロフィールをご覧ください)

 
大阪府(堺・藤井寺・豊中・茨木・高槻・摂津・吹田・東大阪・大東・柏原・泉南・松原・枚方
    寝屋川・和泉・河内長野・富田林・羽曳野・八尾・箕面・大阪狭山・交野・守口・門真・高石
    岸和田・貝塚・阪南・泉南市)および近隣(尼崎・西宮・神戸・生駒・京田辺・宇治・香芝市)

    
その他近畿地方全域(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)

 メール相談

 
中国地方(岡山・広島・山口・島根・鳥取)中部地方(愛知・岐阜・静岡・福井・石川・三重)

 四国地方(香川・徳島・愛媛・高知) 原則として緊急対応可能な地域
 

         


 上記に加えて北海道・青森・岩手・秋田・宮城・新潟・福島・東京・千葉・埼玉・神奈川・群馬

       福岡・佐賀・宮崎・鹿児島・沖縄・長崎・熊本・大分など日本全国
   


カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪市
 中央区本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


カウンセラーについて

初回ご来室マニュアル

認知行動療法

サイトマップ

地域情報

山手スタイル

派生症状

ご卒業者様へ

こころの相談室