本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

カウンセリングの種類と効果EFFECT

種類によって効果が違う心理療法

 カウンセリング 種類  カウンセリング 種類  カウンセリング 種類

一般的に左脳に効果があるのは論理系の心理療法(認知療法・認知行動療法・論理療法など)で、右脳に
効果があるのは芸術系療法(絵画療法・アートセラピー・催眠療法・箱庭療法など)といわれています。

 科学(医療行為) ⇔  カウンセリング    占い・霊感・信仰
                    (心理療法)


医療と信仰・心理療法の関連はおおむね上記のようになります。カウンセリングをより論理的にしたものが
科学(医学)であり、夢や感情を強調すれば占いなどになります。

医療機関などのカウンセリングは論理的色彩が強いですし、開業カウンセラーなどは(どちらかといえば)
真ん中より右側を得意とするケースが多いようです。

その中で、自分がどの部分にいるのかを自分自身で決めているのが現在の「こころの問題」だといえるでし
ょう。医療行為に例えれば、自分の病気を「胃潰瘍だ」「虫歯だ」と自己診断しているようなものです。

その点からすれば、本来はカウンセラーがクライエントに適合した心理療法を見分ける能力が求められている
のですが、実際には


★効かないのに催眠ばかりかける

★できないのに日記ばかり書かせる


という現象が発生しています。


その中でカウンセリング(来談者中心療法)は心理療法の中では真ん中よりやや右(感情側)に位置すると
考えられます。

占いなどとカウンセリングを併用するのは論外ですが、いくつかの療法を併用できるカウンセラーを探すこと
が回復への近道かと思います。



カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪
 地下鉄本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


担当カウンセラー

初回ご来室マニュアル

認知行動療法

サイトマップ

ご卒業者様へ

こころの相談室