本文へスキップ

カウンセリング・スキルトレーニングは大阪・山手心理相談室(登録商)へ。アスペルガー症候群・ADHDなど発達障害の改善には全国各地からお客様がお越しになります。

電話でのお問い合わせは06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

無意識involuntary

無意識と万引きや痴漢行為

「無意識」という言葉には大きく分けて次のような意味があります。

 過食 カウンセリング  痴漢 カウンセリング  

1.意識喪失

 大脳の働きがほとんどないか、あるいはあっても弱い状態。精神医学などの領域で使用されます。

2.認識できない

 自制心で自分の行動がコントロールできない状態。たとえば、定年間際の方が、もう少しだけ辛抱すれば
定年という時期になぜか万引きをしたり(それも数百円程度の)また相当高い年齢になって、急に痴漢などの
行為を行うようになったりします。


なぜ「無意識」にそのような行為をするのか

上記のように、通常の状態では考えられない行為をする場合、なぜそんなことをするのかという疑問がわい
てきませんか。

よく「気質」や「本能」という言い方で記載されますが、人はだれでも心の内部に、自分でも認識できない
「無意識」という領域が存在しています。

つらすぎて受け入れがたい記憶、状況が判断できずに理解が困難な記憶などは、解決が保留されたまま忘却
されて無意識化すると言われています。しかし、それらは決して脳の内部から消え去ったわけではなく、その
人の行動や思考に影響を与え続けます。強迫神経症・不安神経症やうつなどの神経症症状の多くの部分はこの
ように無意識化した経験からの影響だということになります。

ユングは、「普遍的無意識」という人類に共通する「無意識の領域」があると考えました。国や時代を超え
て、人が同じようなことに喜怒哀楽を表現する現象(=心がうたれる・感動する)はその「無意識の領域」が
ある効果だということになります。

その部分があるために、人は自制心がきかず欲望のままに動いてしまう場合があります。上記のようなケース
では、本人には悪いという意識がなくなってしまうために、周囲がいくら注意してもやめることが難しいので
す。依存症などでも同じ傾向が見られます。

カウンセリング 大阪


営業時間・カウンセリング方針
詳しい料金などは下記より
山手
心理相談室メインサイト
をご確
認ください。

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪市
 中央区本町駅徒歩3分)

メールでのご予約


カウンセラーについて

初回ご来室マニュアル

認知行動療法

サイトマップ

派生症状

ご卒業者様へ

こころの相談室

地域情報

山手スタイル