本文へスキップ

山手心理相談室(大阪市中央区・登録商標)のブログです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06(6180)6280

〒641-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

ダイジェストヤマテDigest

コロナウイルスがテレポートするという仮説(2)

量子力学の話が続きます。

前述のとおりウイルスは水分子より小さく、10のマイナス9乗メートルくらいで、この大きさはナノメートルと呼ばれます。この大きさになると、通常の顕微鏡(光学顕微鏡)ではなく、電子顕微鏡や走査顕微鏡という装置で「見る」ことになります。

このくらいの大きさになると、東京とロンドンくらい離れていても、その「情報」は簡単に伝わります。たとえば、ペアになった粒子Aと粒子Bのそれぞれのスピンの向きが「Aが上向き・Bが下向き」と「Aが下向き・Bが上向き」との重ね合わせ状態を形成している場合です。このような場合、一方の粒子を観測してその状態が分かれば、もう一方の粒子の状態は観測するまでもなく、決まってしまうのです。たとえば、Aが下向きだと観測されれば、その瞬間Bは上向き状態に決まります。これは状態の瞬間収縮により瞬時に起こります。


                分子 原子

科学者ではない一般の方が理解するには、「情報がテレポート」するという言い方の方が分かりやすいでしょう。

現在の科学(あるいはこれからも)では、コロナウイルスが発生する前にそのことを知ることができません。なぜなら、「何と何が結合してコロナウイルスになるのか」が見えないからです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

カウンセリング/SSTルーム

 山手心理相談室

(ミュゼ本町相談ルーム・大阪
 地下鉄本町駅徒歩3分)

メールでのご予約